一枚の漆




何かに うるしを塗る には

・・・  さて今から これにこのうるしを塗ろう ・・・

と思ってもできません


・・・ これにこのうるしを塗る ・・・   

そのためには 色々と前もっての準備が必要になります


その一つの重要なこととして


うるしは 水分を吸収して固まり(乾くということ)  水分(空気中)は日々変動しています

乾かすための 「モロ」 と呼ばれる押入れみたいなところ でも水分の調整はします


その塗る うるし の乾き具合をみるために ― (ツケをみる)

1〜2日くらい前から ガラス板に そのうるしをつけて 

何時間ぐらいでどんな乾き具合になるかと それを 「モロ」 に入れ確認します



                         新聞紙ほどの厚さの中で(参考イメージ)

 乾き が早かったり

 塗る厚みが厚かったりすると 

表面から乾いて(固まって)行きますので

 チヂミ という現象が出来てしまいます


― 写真の しわ のように ―


                          均一の厚みに塗ればいいのですが・・・

                               天然の樹液で安定していない ということもあり

                           思うようになりにくく

                          少しでも厚い ところが

                           チヂんでしまいます


・・・ うまい具合にいい風景に チヂミ があると面白い ・・・


 チヂミ の部分は表面が乾いて(固まって)いますので中まで 固まる には
 
大きな状態は数ヶ月以上の期間を必要とします


チヂミが出来てしまった部分は わずかであっても全面を塗り変えなければなりませんので 

その部分を取り除き 平滑にするために処置をし また塗るための作業などで

日数が必要となってしまいます


その作業をして入る時は 情けなかったり くやしかったり ・・・


乾くのが 早めのうるし 遅めのうるし を用意してありますので

その時々で調合して 塗ってはいます


特に仕上げの 上塗り(塗立て仕上げ) の時の

日々の温度・湿度などの変動は 精神的 によくなく

梅雨前の5〜6月頃と秋の9〜10月位が 上塗り には適している時節です


その分うまくいった時は ・・・・・ (それが フツウ ?)


一枚の漆 とは

 ガラス板につけて乾いた 「ツケをみた」 漆 と ― 左の写真

それをはがした 大きめの切手みたいな 乾いた漆 の集まりです ― 右の写真

(うるし塗のページの下段の写真)

うるし塗 へ