想い 考え お伝えしたい事




明治40年 初代上塗り職人 仕事場の土蔵を建立 依頼 その時代に その時に

土蔵や工房で なにかしら  塗ったり  砥いだり  創ったり  直したり  をいじり続けています

重ねるぬくもり、伝える温もり、うるし塗。

 一職人

=塗ります。 =造ります。

オンリー・ワン、塗ります。創ります。

下地/サビ土 : 研き・砥ぎ : つや消し(砥ぎ) : 下塗・地塗・中塗 :  塗りたて・呂色・スリ漆・各種塗技法

そのとき おぼろげな想いが・・・ あるとき ふと 気がつき・・・ そして その味わいは時を重ねる毎に・・・

その時 わからなかったことが  ・・・  ある時 わかる

不思議な魅力が
    塗  に潜んでいます


修理・塗り変えにより  また新しい味わいも生まれます

 
 
木曽漆器の歴史は400年ほど ともいわれる年月の中では

3代くらいはまだ 「序の口」 です。


上塗り職人創業以来 

漆を使ってつくる つくることができる 

名 は持たなくもできるだけ多くの漆器づくりのしっかりとした技術を持つように  

当地のみ特出土の『サビ土』使用の木曽漆器伝統の堅牢な漆下地造り

工程に必要不可欠な 研き・砥ぎ(つや消し)作業

そして 漆刷毛塗・各種塗技法 を受け継ぎ 新しい技術も取り入れ

地道に その時代に その時に その人に 漆器製品をつくっています。


 ご希望品の制作 愛着や想い出のある品の修理 各種漆器製品の販売 

住宅の内装(床・壁など)や特注品などに漆塗り。(出張要相談) 


しっかりご相談して ご要望を受け賜っております。

 メール・TEL・FAX・郵便など お気軽にお問い合わせ下さい。

ご来店もお待ちしております。

 

  店舗内の展示品を保護したい為 常時の多くの照明は控えていますので

 店内に明るさはあまりありませんが

入り口の引き戸をガラガラと開けて 

どうぞ のぞいて観て下さい


だいたい自宅工房にいます

その日その時の塗り仕事内容や所用などにより 不定休で

また その日のうちでもある時間帯を休みにもしますので

失礼をしてしまうことがあります

お出掛けの際はお手数でも
ご一報 いただければとも思います 

お待ちしてしております

 


閉じるボタンで戻る