らくがき

令和元年(2019) 5・6・7月
 トップページへ  らくがきトップページへ

2019年7月11日(木)
梅雨寒


今年ももう半分が過ぎ、半分が始まりました。お変わりありませんでしょうか。
当地の今年の梅雨は、山間高地でジメジメとはしていないのですが、雨が降ったり止んだり、はっきりしない梅雨の空が続いています。気温も低目で上着が1枚ほしいかなと思う日が多くあり、家の中では空気が「ひんやり」する時もあります。
日照時間が時間が少なくなっていますので、植物の成長にも影響があると思われます。
お住まいはいかがでしょう、体調管理などお気をつけてお過ごし下さい。

ノリウツギ(低木)
花言葉は、臨機応変、しとやかな恋人、高慢、移り気な方、乙女の夢。

2019年6月26日(水)
うるしオケと梅花の歌





花生け(中に入れものを)、建水、小間物入れなどに

漆を入れておく、保管する、円柱形の物を「桶ーオケ」と呼んでいます。
「オケ」と呼ぶのは、
これ以前の入れ物は、木に竹タガで作ったいわゆる「桶」でしたので、
その名残と思います。

そこから使用する分の漆を取り出して使います。
入れる量により大きさがあります。
漆を使い切った「オケ」の外側に漆を塗ってみました。
内側には漆が層になって付着していて、
塗も少々の粗さがあり、何とも言えぬ味わいがあります。

「梅花の歌」を貼付したもの、無しのものなどあります。

オケの素材は、紙類。
オケには未使用の新品もあります。

サイズ
直径22×高さ16㎝、18×14、14×11、12×8.5位

塗り(粗目)
溜塗、洗朱塗、紙模様に朱、紙模様に黒、他。

不安定な天候が続いています、体調管理など充分にお気をつけてお過ごし下さい。

2019年6月4日(火)
6月




令和になり、1か月が過ぎました。普段の日常になったかなと思います。
とはいえ、この7・8・9日は令和になって始めての、
第52回木曽漆器祭・奈良井宿場祭が開催されます。時間に余裕を持たれ、ごゆっくりとお出かけ下さい、お待ちしております。

近年の天候は気温の変動が大きく、日替わりのように季節が急に進んだり、また後戻りなどしています。草花なども、芽吹きや開花や成長に迷っているのでと思います。
そのせいかはわかりませんが、この春から花が咲きそびれてしまったもの、枯れてしまったものもありました。四季折々の安定した天候を願いたいと思います。
皆様も体調管理などお気をつけてお過ごし下さい。

中庭のクレマチスはにぎやかく咲いてくれました。
花言葉は、「精神の美」「旅人の喜び」「策略」など

2019年5月1日(水)
令和元年

令和の時代が始まりました。
平穏無事なより良き時代になりますよう願いたいと思います。
皆様のご多幸をお祈り申し上げます。
今後とも相変わませず よろしくお願い申し上げます。