らくがき

令和5年(2023) 1・月
 トップページへ  らくがきトップページへ


2023年1月28日(土)
寒中お見舞いと。

寒中お見舞い申し上げます

このところの強い寒波、近年にない最強寒波、
お住まいはいかがでしょう。

当地でも、降雪量は例年並みと思われるのですが、
2~3日前頃では、最低気温で零下15度は下まわったと思われ、
それからは最高気温でも零下の真冬日となっています。

トイレの水道凍結防止を少し油断していたのもあり、
「ありゃ、水が出ない」。
ストーブをつけ暖かくしましたら出るようになり、
あまり大事にならずに済みました。

スプレー式の家庭用液体洗浄剤も
「なんか出が悪いな」 と思ったのですが、
シャーベット状になっていたため、と思われます。

も一つ、風呂の水の排水スピードが遅く感じられ、
これは多分、排水管のどこかで軽い凍結状態があったため、と思われます。

今朝は、10cm超のほどの積雪、
日中のわずかな時間のプラスになる気温でも、
少しの日差しでもあたりますと、融けてくれますので、
お天道様、あったかいこと、青い空、
ありがたい
と思います。

そして、毎日どこでも吸う空気は、
いつも澄んでいてほしい
と思います。

ちなみに、昨日は5回目のコロナウイルスワクチン(オミクロン株対応)
の接種をしました。
感染者の減少傾向、接種者もそのようですが、
とりあえず接種しておこう、と。
今朝の起床後から、
接種場所あたりに筋肉痛のような軽い痛みがありますが、
そのうち「忘れる」と思います。

電気、ガス、食料品など物価の大きな高騰、
まだまだ寒さは続きます、
日々の生活、寒さ対策、体調管理など充分にお気をつけてお過ごし下さい。

2023年1月1日(日)
年頭のご挨拶

新年あけましておめでとうございます
皆様のご健康をご多幸をお祈り申し上げます

最近、やけに、自分の感じ方として、
カタカナ、ローマ字、英語表記類が目につくようになりました。
読めなかったり、意味を理解するまでに時間がかかったり、
そして、内容を理解するには「?」が多くなりました。

日本語ならどうなんだ、というところもあるのですけれど、
恥ずかしながら、年齢的な部分が多分にあるとは思うのですが、
ついていけてるかの、いないのか、ついていかなければならないのですが。

まだコロナ禍ではあるにしても、行動規制の緩和、
当地でも海外からの観光客の方々をボチボチと目にするようになり、
中には、海外からのお客さんの観光ツアーの下見に、
というお話が増えてきているように思います。

コロナ禍、物価高騰、経済動向、IT関連、人間関係、
他、多種多様、諸事、諸々。

安心、安全、ちょうどいい、
うまいことめぐり合えたら、と思います。

難しい事は考えることなく
木曽漆器伝統技法を、基本・主体に、変わらずに、
「ただただ
漆器作りだけに集中したい」
このところの、常々の、日々の、思いと
今年の目標、です。

本年もよろしくお願い申し上げます。